男女

食事で始まる血圧改善の第一歩|下げるために役立てよう

塩分を取るのはほどほどに

老人

塩分を取りすぎてしまうと高血圧になってしまいます。高血圧の改善や予防のためには、普段の食事のとり方に注意が必要で、塩分を必要最低限の量を取ることが重要です。調味料の取り方を工夫することで、血圧を下げることにもなります。

もっと詳しく

体の健康を守る方法

作業員

血管を丈夫にする

血圧を下げる食事は年を取れば取るほど、重要なものになります。血圧とは心臓から血液を送り出す際にかかる圧力のことで、この力が弱すぎると体全身に栄養や酸素を送ることが出来なくなり、エネルギー不足になることがあります。しかし、逆に強すぎても血管に負担がかかり、様々な病気につながると考えられています。血圧は年を取ればどんどん上がっていくものであるため、意識して下げるようにする必要があります。食事で改善することも出来るため、血管を丈夫に保ちあらゆる病気から体を守るためにも、血圧を安定させていく必要があります。食事は基本的に毎日三食食べるようにし、塩分や脂肪、アルコールを控えてカロリーも制限していくことが大事になります。

毎日摂るべきもの

血圧を下げるために控えるべき食事もありますが、下げるために逆に摂るべき食品もあります。タンパク質を多く含むものや植物性の食品、カリウムを多く含むものなどは、毎日欠かさず摂取したほうが良いと言われています。タンパク質は、魚や卵、大豆製品などが主で植物性の食品は、ナスやトマト、にんじんなどの野菜やフルーツなどです。カリウムを多く含むものには、バナナやホウレンソウ、アボカドなどの野菜やフルーツに含まれています。血圧を下げる食事の基本は、塩分を控えて脂肪も制限しカロリーを抑えることが大事になりますが、その他にタンパク質と植物性食品、カリウムも毎日欠かさず摂取していくようにすることで、加齢の影響を受けずに血圧を安定させることが出来ます。

美味しく改善する方法

和食

血圧を下げるための改善法として減塩食による食事療法があります。京料理の味付けを応用した美味しいものとなっているので安心して治療できます。最近では国主導での減塩食の広報活動が行われ、多くの人々に認知される機会が増えているため人気となっています。

もっと詳しく

安定と予防のための病食

女性

血圧を下げるには食事管理が有効ですが、レモン汁や酢の物を使えば、薄味でも美味しく食べる事ができます。自宅で気軽に利用できる宅配病食サービスですが、血圧が上がってしまうためアルコールの摂取は注意します。

もっと詳しく