老人

食事で始まる血圧改善の第一歩|下げるために役立てよう

塩分を取るのはほどほどに

老人

塩分が大敵

食塩を体の中に多くとりすぎてしまうと血圧が上昇してしまいます。食塩を体の中に取り入れる量を少なくすることで、高血圧を改善したり予防したりすることができます。食塩を多く体の中に取り入れてしまうと血中にナトリウムの成分が多くなってきてしまいます。体はこのナトリウムの成分を抑えてしまおうとする働きが起こってきます。体の中にある水分が血液に移動したり、のどが渇いて水分の補給をすることになって一時的に血液の量が多くなり、心臓が強い力で多くの血液を送り出していきます。その結果高血圧という症状が出てきてしまいます。高血圧にならないためには、一日にとる食塩の量を制限してしまうことが大切になってきます。食事のほとんどにはナトリウムの成分が入っていて、血圧を下げるためには食事にも注意をしなければなりません。

調味料の使用の仕方

自然の食材の中にはもともとナトリウムの成分が含まれていて、この食材に化学調味料などで味をつけてしまうために、人工的なナトリウムの摂取量が多くなってきてしまいます。血圧を下げるためにはこの人工的なナトリウムの摂取量を減らしていかなければなりません。そのためには食事を作る際に調味料の量を正しくはかり使うことが大切になってきます。またあらかじめ減塩されている味噌や醤油を使うことも、血圧を下げる効果があります。醤油やソースなどを食事にどぼどぼとかけてしまうのも、控えなくてはなりません。血圧を下げるためには、食事にかける調味料をまず何もなしで味わい、それを習慣づけることが大切で、物足りなさを感じたのならば使用する量を半分にしてみてください。