老人

食事で始まる血圧改善の第一歩|下げるために役立てよう

安定と予防のための病食

女性

若い頃は安定している血圧ですが、加齢やストレス等が原因となり上昇する事があります。この状態が長く続く事を高血圧と呼び、高血圧は動脈硬化や脳卒中、心臓病や腎疾患を引き起こす可能性を高めます。状態を安定させ大病を予防するなら食事による管理が必要であり、下げる事が重要となります。下げるために一番有効なのは食事管理であり、塩分控えめの食事が健康体へと導きます。工夫すると良いのは塩分に頼らない調理であり、レモン汁や酢の物等を使うと薄味でも美味しく食べれます。また天然だしも有効であり、食材の風味を損ねる事なく美味しくいただけます。醤油やソース、めんつゆ等の使用は控えると良く、ナトリウム計算を身につけるのも有効です。

食事管理で血圧を下げるのは可能ですが、それを続けるのは容易ではないため覚悟が必要になります。毎日管理するのは大変、一人暮らしだから疎かになると心配しているなら、病食サービスがあります。管理栄養士が考案した食事を、自宅まで宅配してくれるサービスなので、気軽に利用できると人気です。病食サービスはいつでも利用できるため利便性がありますが、利用する際にはいくつかの注意点があります。血圧の他にも、糖尿病や腎臓病を患っている場合は、担当医と相談して決める必要があります。また病食を食べながらアルコールを摂取してしまうと、血圧に負荷がかかるため、アルコールは極力控えます。血圧を下げる事に意識を集中し過ぎてしまうと栄養バランスが偏るため、ほど良い加減で行うと良いです。